健康保険ガイド

Home健康保険ガイド保険証・家族の増減など>保険証について

保険証・家族の増減など
保険証について

●お金と同様に価値ある大切なもの

イラスト 健康保険被保険者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」を交付されます。健康保険の被保険者であること、または被扶養者であることは、この保険証によってはじめて証明されます。
 この保険証さえ提示すれば、被保険者(本人)、被扶養者(扶養家族)として、健康保険の扱いで病気やケガなどについての診療、投薬、入院治療などが受けられます。したがってこの保険証は、お金と同様に価値のある大切なものといえるでしょう。
 病院に預けっぱなしにしたり、汚したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、刑法にふれます。
 紛失によって思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取り扱いには十分注意して大切に保管してください。(紛失した際は必ず警察への届出を行って下さい。)

●保険証の見方

保険証

関連のページへ

国や自治体による福祉制度について

関連のQ&Aはこちら