健康保険ガイド

Home健康保険ガイド保険証・家族の増減など>被扶養者になれる人、なれない人

保険証・家族の増減など
被扶養者になれる人、なれない人

●ご家族は被扶養者です

 被扶養者(扶養家族)とは、おもに「被保険者の収入によって生計を立てている人」です。被扶養者になれば、被保険者と同様、健康保険の給付を受けることができます。ただし、扶養条件は、被保険者との関係(親等数)によっても異なります。右図の水色の枠内の人(配偶者は内縁関係も可)は、同居・別居を問いませんが、枠外の人は同居が条件となります。

 被扶養者になれる人は原則として国内居住者に限られます。ただし、海外に居住していても留学している学生など生活の基礎が国内にあると認められた場合は、例外として認定されます。また他にも一定の条件が必要になります。

上記により被扶養者の認定を行いますが、個々の具体的事情に照らしもっとも妥当と思われる認定を健保組合が行います。

扶養の条件

1

被保険者の3親等内の親族であること。ただし、同居・別居で条件が違います。

2

主として被保険者の収入で生活していること。
まず、被扶養者自身の収入が無収入か、以下の表の条件を満たしていること。

 

扶養申請後の

1年間の収入

1ヵ月あたりの収入

1日あたりの収入

60歳未満

130万円未満

108,334円未満

3,612円未満

60歳以上

180万円未満

150,000円未満

5,000円未満

障害者

180万円未満

150,000円未満

5,000円未満

通勤交通費、年金や失業給付金も収入とみなします。

さらに、

同居の場合

被扶養者の収入が、被保険者の収入の1/2未満であること。

別居の場合

被保険者からの仕送り額が、被扶養者の収入より多いこと。

★この基準は、1人の被保険者が1人の家族を扶養する場合を想定して設けられています。複数の家族を扶養する場合は、各自の収入などから総合的に判断することとなります。父・母など配偶者のいる家族を扶養にする場合も同様です。

●こんなときは届け出が必要です

 就職したとき、すでに被扶養者がいれば、「被扶養者届(異動届)」「被扶養者状況届」を健保組合に提出してください。また、下のような場合にも、その日から5日以内に「被扶養者届(異動届)」を提出してください。

1.

子どもが生まれたとき

1.子どもが生まれたとき
 

2.

被扶養者が亡くなったとき

2.被扶養者が亡くなったとき
 

3.

被扶養者が就職したり別居するなど、扶養の条件が変わったとき

3.被扶養者が就職したり別居するなど、扶養の条件が変わったとき

なお、「被扶養者届(異動届)」については、被扶養者の増加・減少いずれの場合も、被扶養者の収入や現況などを証明する書類の添付が必要です。
→「被扶養者届(異動届)の添付書類一覧
被扶養者が減る場合(上記2又は3の場合)は「被扶養者届(異動届)」に該当する方の健康保険証を添付してください。
配偶者を被扶養者とする際は、別途「国民年金第3号被保険者」に関する手続きが必要となる場合がありますので、各事業所窓口にお問い合わせください。

被扶養者届(異動届)

PDF版 記入見本

被扶養者 状況届

PDF版 記入見本

書類提出上の注意
A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Adobe(R) Reader RogoPDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

書類の提出先
書類の提出先は所属事業所によって異なりますのでご注意ください。
<コスモスイニシア従業員>
大槻経営労務管理事務所へ

※大槻事務所の連絡先、書類送付方法等については、社内イントラネットを確認いただくか
人事部へお問い合わせください。

<コスモスモア従業員>
コスモスモア統括部統括課へ
<任意継続被保険者>
直接健保組合へ

関連のQ&Aはこちら